チャイルドシートの選び方

- Mar 29, 2019-

1.または0〜1歳

13キログラム未満で生まれた赤ちゃんは、乗車時にかごのような赤ちゃん用の座席に置かれます。通常、元の座席にはシートベルトがあり、駐車スペースには3点式ワイヤーハーネスが付いています。

注意してください:

バスケットシートは通常、逆向きに取り付けられています。つまり、事故発生時に赤ちゃんの頸椎が過負荷になるのを防ぐために、シートは車の後部に面しています。


2. 1〜3歳

比較的年長の子供はチャイルドシートを使用することができます。そこでは、1〜3歳の子供は車内に固定されたストラップやフックを使用しながら、車の方向に車内に着席する必要があります。 ベースは、Isofix、Latch、または3点式シートベルトで固定されています。


3.または4-12歳

4歳から12歳までのお子様は、座席にIsofixフックを追加してください。 これらで、空いている席は車の中で安全になります。

それは年長の子供たちのためにさえ、あと振れ止めが取り除かれるべきでないことに注意されるべきです。