自動車の子供用セーフティシートの色付け

- Mar 15, 2019-

今日では、自動車でチャイルドシートを一般的に使用している家族は、1980年と1990年以降に車を持っている人々です。彼らは一般的に車の全体的な外観にもっと注意を払います。 一般に、車の外観はよりファッショナブルであり、車内のデザインもより高いことが要求される。 したがって、チャイルドシートの色は車のインテリアデザインと一致させる必要があります。 そして子供が生まれたとき、最初に直面することはカラフルな色です。 子供が3、4ヶ月の時には、色覚があります。 子供が色を理解するのを助けるために親が教育の機会をつかむならば、それは子供の将来の知的発達に大きな利益になるでしょう。


しかし、ビジョンは最新のものを成熟させ、最も遅いものを発達させる感覚です。 基本的な視覚皮質は妊娠7ヶ月で胎児の目からの信号を受信しますが、視覚経路のニューロンはまだ誕生後数ヶ月で未熟であり、そして世界はほとんど赤ちゃんにとって不鮮明です。 したがって、BBに良い色の感覚を提供することは、乳児の成長にとって非常に役立ちます。 したがって、良い視覚効果を達成するために子供たちの席のための黄色、白、赤、オレンジ、青、黒の「スプレー塗装」の使用。


理由:中純度のグースイエローは、高輝度の青のメインカラーです。 それは明るさ、輝き、透明性、活気、明るさ、輝き、希望と健康の印象を持っています。

しかし、高純度の青は明るすぎてまばゆいばかりで、強い拡張感と不安、無関心を伴います。 そして白と黄色は平和で優しい気がします。 純度の低い青の小さな灰色は、柔らかさと静けさを感じさせます。


中純度のローズレッドは、パープルレッドの親和性が増したメインカラーで、女性の優しさが増し、母性的な感覚があります。


中純度または低純度のローズレッドは鮮やかですが眩しくありません。 元気で甘いです。 それはしばしば子供服デザイナーによって好まれます。 彼らは彼らの娘をドレスアップするとき両親はしばしばこの色を優先します。

メイントーンとしてのオレンジのより高い純度。 オレンジと赤は赤と黄色の間の色で、暖かい色に属し、それは炎、光、日光、果物や他のものを人々に思い出させ、最も暖かくそして最も大きい色です。 活気に満ちた、ゴージャス、素晴らしい、ジャンプ、暖かい、甘い、幸せ、幸せな気分。 高純度のオレンジは、性的に敏感ではない色で、男の子と女の子が同時に好きです。


主な色はレイクブルーです。 シアングリーンは最も強い収縮を伴う一種の色であり、そして典型的な冷たい色であり、それは落ち着いた、冷たい、合理的、深くそして透明なことを意味する。 赤ん坊は濃い青の工業製品を好まない。 レイクブルーの近くにターコイズブルーを加えると、青くて静かで若々しい若者たちに愛されている若々しい活気に満ちた青みがかったイメージが弱まります。