チャイルドシートの使用はなぜ1%しかないのですか

- Apr 01, 2019-

チャイルドシートの使用率は、一方では一般的な人々の家に車が飛んでくる時間がそれほど長くないため、一方では高くない、他方では、異常に低い使用率は両親を反映している「子供の車の安全性を意図的または意図的ではないに無視している。 この怠慢は普遍性を持っています、根本的な原因は集団的にそして社会全体さえ親が行動の詳細に従うことを理解していないし、良くないということです。 子供の安全を確保するために。


チャイルドシートの使用率が問題の縮図にすぎないのは、子供たちが適切な後見人、溺死、交通事故、高所での墜落事故が主な原因であるため、子供を一人で家に置いたままにすること、時々車の悲劇。


未成年者の安全を守り、両親の安全意識と後見能力を向上させることは急務ですが、そのサイクルは非常に長いです。 両親の怠慢と比較して、国内および社会レベルでの制度の改善も遅れています。 州には未婚の保護に関する法律などの法律や規制がありますが、全体的な状況は依然として非常に粗く、原則はより詳細であり、アイデアはより多く提唱され、具体的な制約は特に少なくなります。保護者が何をする必要があるのか、どのような行為が禁止されているのか、違反への対処方法など。 遵守と執行に利用できる規則はほとんどなく、未成年者の安全保護のためのフェンスは1つずつ暗号化されていないため、キャットフェンスと同じ保護が得られます。


チャイルドシートの強制使用はそのような柵です。 未成年者の安全を守るためには、保護の合意を両親の誓約から制度の文明化までの具体的な措置に変換する必要があります。 このようにして、一方では、未成年者の安全保護に対する両親の意識を急速に向上させることができ、他方で、未成年者の保護は真に国民保護の本質を反映することができる。


チャイルドシートの強制使用は、システムの改善にとって本質的な要件ですが、これに限定されません。 未成年者保護に関する法律の改正は、今年の全国人民会議の立法作業に含まれています。 未成年者保護のトップレベルのデザインを改善し、社会文明と進歩の傾向に順応し、未成年者保護の具体化と正規化を促進する方法を楽しみにする価値があります。


特に法律や規制の改善を通して、両親が子供の個人の安全を守るために、保護者のための明確な行動規範を提示し、厳格な制約を与え、無形から有形へ、家庭から法による支配までさせることも重要な部分である保護システムの改善